産業用プリンタ開発のマキー・エンジニアリング

FOOMA JAPAN 2013 マキー・エンジニアリング出展概要

FOOMA JAPAN (国際食品工業展) 2013マキー・エンジニアリングは、東京ビッグサイトにて来る6月11日(火)~6月14日(金)に開催されるFOOMA JAPAN (国際食品工業展) 2013にに出展いたします。

マキーの最新機器をご覧いただきながら商談できる機会です。皆様のご来場お待ちしております。

FOOMA JAPAN (国際食品工業展) 2013

 

 

 

 

FOOMA JAPANは、食品機械・装置および関連機器に関する総合展です。

期間: 2013年6月11日(火)~6月14日(金)
会場: 東京ビッグサイト(東京都江東区)
主催: 一般社団法人 日本食品機械工業会
小間番号: 東1ホール 1Q-06

今回のマキー・エンジニアリングのブースでは、次のモデルを展示をいたします。

間欠式サーマルプリンタの最新モデル

    • KZ-500A
    • KZ-250
    • KZ-300
    • KZ-350

包装機搭載用サーマルプリンタ。最大12列の多列搭載が可能

    • KZ-7000(3連) / KZ-5000(2連)

実績があるKZ-500の低コストモデル。驚きの250,000円

    • KZ-250

フィルム袋を自動搬送して日付を印字するスタンドアロン型装置

    • MFC-250
    • DP-2

 

間欠式サーマルプリンタの最新モデル『KZ-500A』

KZ-500A は、サーマルヘッドとサーマルリボンを使用した熱転写プリンタです。
包装フィルムやラベルに対して『品名・賞味期限・製造ロット、各種バーコード、ロゴ等』を直接印字ができます。
KZ-500A内部に文字フォント、バーコードフォントを搭載することにより、パソコンやシーケンサーから、最小限の通信プロトコルデータでデータセットが可能になりました。

FOOMA JAPAN 2013 の会場で KZ-500A をご覧いただけます。

多列式サーマルプリンタ『KZ-7000 / KZ-5000』

多列式サーマルプリンタ KZ-6000多列式サーマルプリンタ KZ-7000 / KZ-5000 は、包装機械やオートラベラーへ簡単に組み込むことができる、マルチ制御機能を搭載したサーマルプリンタです。
超薄型設計により『設置スペースが狭い多列包装機への搭載』が可能となりました。
スティック包装、分包包装などの包装機へ『最大12連』の取付を可能とし、速度検出エンコーダによって、位置ズレがなく所定の位置に鮮明な印字が可能です。

また、インクリボンの交換は『ワンタッチ式』を採用し、インクリボン交換の際のダウンタイムを軽減、また独自のリボンセーブ機能を搭載により、インクリボンの無駄をなくしました。

コストパフォーマンスモデル『KZ-250』

間欠式サーマルプリンタ KZ-250間欠式サーマルプリンタ KZ-250 は、マキー・エンジニアリングが長年、開発・販売を行ってきた経験を元に開発された『低価格・包装機搭載型サーマルプリンタ』です。
従来モデルのサーマルプリンタ KZ-500 の機能を徹底的に研究し、コストパフォーマンスに特化した設計を行うことにより、驚きの低価格 250,000円 を実現しました。
基本設計は、実績があるKZ-500と同一ですので、信頼性も抜群です。

» KZ-250 製品仕様の詳細について

ページのトップに戻る

Web Consulting by MagSL Inc.