ゼブラ・プリンター 製品ガイド

ゼブラプリンタ よくあるご質問 『ソフトウェア』

ゼブラプリンタのプリンタドライバ ソフトウェアの入手先は?

ゼブラテクノロジーズ(Zebra technologies)のホームページから、最新版をダウンロードできます。(2016年5月現在)

  1. 下記、各モデルのサポートページにアクセスしてください。
    Zebra 110Xi4
    Zebra 140Xi4
    Zebra 170Xi4
    Zebra 220Xi4
    Zebra 105SLplus
    Zebra ZT410
    Zebra ZT420
    Zebra GX430t
  2. 画面をスクロールし、『Drivers』タブ をクリックしてください。
  3. 『ZebraDesigner driver 32/64 bit. Certified for Windows.』をダウンロードしてください。
    プリンタドライバは、Windows XP版とWindows Vista以降版は、別々のファイルとなります。ご注意ください。

ゼブラプリンタのドライバーを使用することにより、マイクロソフトのオフィス製品(Microsoft Excel / Word / Access)などのソフトウェアでデザインしたラベルレイアウトを印刷することができます。

ゼブラプリンタの制御ソフトウェアについて知りたい

ゼブラプリンタは、制御ソフトウェア ZPL II(Zebra Programming Language)を搭載しています。ZPLは、ゼブラプリンタを制御するネイティブなスクリプトコマンド・プロトコルです。
ZPL® をゼブラプリンタへ送信することにより、テキスト文字やバーコード、およびグラフィックを含んだ簡単なレイアウトから複雑なレイアウトまで様々なラベルを作成することができます。
PLCからゼブラプリンタを制御する場合や、より細かなレイアウトを作成したい場合、精密に制御したい場合にご利用ください。

ZPLについての解説ページを準備しました。下記リンクをご参照ください。

» ゼブラプリンタ制御言語 ZPL II (Zebra Programming Language)

簡単にラベルレイアウトの作成 / 印刷をするソフトウェアは?

CODESOFT 2015 ラベル作成ソフトウェアWindows用のパッケージソフト『CODESOFT』を準備しています。
CODESOFTは、ラベルレイアウトの作成 / 印刷、データベースからデータを読込みながらの印刷といった簡単な作業はもちろん、CODESOFT が提供するラブラリを使用すれば、パワフルなアプリケーションを作成することができます。

詳細につきましては、下記の製品ページをご確認ください。

» CODESOFT

ソフトウェアからゼブラプリンタへデータ送信しても印字動作しない

ゼブラプリンタは、上位アプリケーション・ソフトウェアから印字データを受信すると、正面パネルにある『DATA LED』インジケータが点滅します。
印字データをゼブラプリンタに送信した際、『DATA LED』インジケータの点滅をご確認ください。

ゼブラプリンタ正面パネルの『DATA LED が点滅する』場合

ゼブラプリンタは、上位アプリケーション・ソフトウェアからデータを受信しています。印字動作をしない場合、ゼブラの設定をご確認ください。

  • 「CONTROL PRIFIX」「FORMAT PRIFIX」「DELIMITER CHARACTER」を確認
    送信したソフトウェアのZPLスクリプトとゼブラの設定が一致していることをご確認ください。

    各デフォルト値は次の通りです
    CONTROL PRIFIX = 7Eh (~)
    FORMAT PRIFIX = 5Eh (^)
    DELIMITER CHARACTER = 2Ch (,)

  • 通信設定を確認(RS-232Cの場合)
    ゼブラプリンタとの接続がRS-232Cの場合、上位アプリケーション・ソフトウェア側で設定しているプロトコルとゼブラ側のプロトコルが一致しているかを確認してください。

    各デフォルト値は次の通りです
    BAUD = 9600
    DATA BITS = 8
    STOP BIT = 1
    PARITY = NONE
    FLOW CONTROL = XON / XOFF (= ソフトウェア制御)

ゼブラプリンタ正面パネルの『DATA LED が点滅しない』場合

物理的なケーブルの配線不良が要因と考えられます。
パソコンとの接続の場合は、ソフトウェア上のポート指定先が間違っている可能性も考えられます。

  • 通信ケーブルを確認(RS-232Cの場合)
    RS232C ピンアサインゼブラプリンタとPCを接続する場合、RS-232Cケーブルは『リバースケーブル』をご使用ください。
    フロー制御を「DTR/DSR」または「RTS/CTS」(ハードウェア制御)をご使用の場合は、それぞれがクロスするに結線してください。「XON/XOFF」(ソフトウェア制御)の場合は、これら結線は短絡していても構いません。

RS-232C通信で文字化け、データ抜けが発生する

RS-232Cのフロー制御がパソコンとゼブラプリンタの間であっていない、もしくは使用しているRS-232Cケーブルの結線が適切ではないことが考えられます。
お互いのフロー制御が、同じ設定になっていることをご確認ください。

ゼブラプリンタで指定できるフロー制御は3種類です。

  • XON/XOFF (デフォルト)
  • RTS/CTS
  • DTR/DSR

ハードフロー制御(RTS/CTS もしくは DTR/DSR)を選択の際は、RS-232Cの結線がそれぞれ「短絡していない」ことをご確認ください。

RS232C 短絡していない RS232C 短絡している

(RTSとCTS、DTRとDSR が 左「短絡していない」 右「短絡している」)

ネットワークI/F(ZebraNet)のIPを変更したい

操作パネルとLCD画面を装備したZebra Printerでは、操作パネルからネットワークのIP変更を行うことができます。
ゼブラプリンタにLANケーブルを接続しないとLCD画面にIP設定の変更項目が表示されません。ご注意ください。

  1. ゼブラプリンタの電源をOFFにする
  2. LANケーブルをゼブラプリンタに接続する
  3. ゼブラプリンタの電源をONにする。起動後約20秒おまちください
  4. 操作パネルから、IP PROTOCOL / IP ADDRESS / SUBNET MASK / DEFAULT GATEWAY を変更します
  5. 一度プリンタを再起動し、アプリケーション・ソフトウェアからデータを送信し、印字動作を確認してください

» ゼブラプリンタ 『ZebraNet Print Server 設定を変更』

ネットワークI/F(ZebraNet)のIPアドレスが変更できない

IPアドレスの取得方向を静的アドレス(PERMANENT)に変更してください。
ZebraNetの工場出荷時は、動的アドレス(DHCPなど)に設定されています。
ゼブラプリンタの操作パネルから、項目『IP PROTOCOL』の値を「PERMANENT」に変更してください。

ネットワークI/F(ZebraNet)の設定を初期化したい

ネットワークI/F(ZebraNet)のLANケーブルコネクタの近くにリセットボタンがあります。リセットボタンを先のとがった棒で押し続けながら、ゼブラプリンタを起動してください。
起動後30秒ほどしたら、リセットボタンを離してください。

LCDパネル搭載モデルのプリンタ(Xi4シリーズ、105SLPlus)の場合、LCDパネル操作でDEFAULT NETを実行してください。
上記以外のモデルにつきましては、ウェブブラウザ経由での初期化のみ対応しております。

ウェブブラウザ・ソフトウェアから ZebraNet を設定

ZebraNetに正しくIP設定が完了すると、ウェブブラウザ・ソフトウェアからZebraNetの詳細設定を行うことができます。ウェブブラウザ・ソフトウェアを起動し、URL欄に設定したIPアドレスを入力してください。
ZebraNetの設定を変更する際、UserとPasswordの入力を求められます。工場出荷時のデフォルト値はそれぞれ「admin」「1234」です。

設定変更時にパスワードの入力を求められた

ゼブラプリンタ工場出荷時のパスワードは「1234」です。
パスワードは ZPLコマンド ^KP を使用してソフトウェアで変更が可能です。

ゼブラ S4M プリンタ については、2段階のパスワードが設定されています。
1段階目のパスワードは「1234」、2段階目のパスワードは「9999」です。

ゼブラプリンタ 関連記事

ゼブラプリンタ制御言語 ZPL II (Zebra Programming Language)
ネイティブコマンドZPL(Zebra Programming Language)を使ってアプリケーションを開発する際の技術的な資料

ゼブラプリンタ CODESOFT v9を使ったEXCELデータの差し込み印刷
パッケージソフトウェア『CODESOFT v9』にEXCELで作成したデータをインポートしながら差し込み印刷を行う手順

ゼブラプリンタ 『ZebraNet Print Server 設定を確認』
ネットワークインターフェイス ZebraNet 10/100 Print Server の設定の確認方法

ゼブラプリンタ 『ZebraNet Print Server 設定を変更』
ネットワークインターフェイス ZebraNet 10/100 Print Server の設定を変更方法
ユーティリティソフトウェア ZebraNet Bridge Enterprise の使用方法

ページのトップに戻る

Web Consulting by MagSL Inc.